持っておくべき知識

17年10月17日

借地権相談トップページでも触れた1992年施行の借地借家法上の借地権以外にも、それ以前の借地法上の借地権があることも、知っておいた方がいいでしょう。借地法では、借地権者を有利にするような形になっており、地主とのトラブルが多かったので、借地権取引は次第に減少していきました。これを、元に戻すべく改正されたのが、借地借家法です。借地法のもとで行われた契約は、今でも多く残っており、更新後も借地法適用のままとなります。これが今の借地権取引を、ややこしくしている一因にもなっています。借地借家法適用とするには、契約そのものをやり直す必要があります。

住宅ローンをまだ完済しきれていない人が、借地権を売却したいと考えることもあるでしょう。そんな人でも借地権の売却は、借地権売却額と住宅ローン残高が、イコールであれば可能です。ただ建物に抵当権設定が、なされているはずです。その抵当権を他物件に移すか、抵当権の抹消が必要です。

そもそも借地権のついた住宅に、どんなお得なことがあるのか考えた上で、売却するなり更新するなりを、考えた方がいいと思います。土地も含めた所有権を購入するよりは安く、借地法での契約であればほぼ永久に、建物に問題が生じなければ、そこに住むことができ、固定資産税や取得税など、土地に関する税金は払わなくて済むことなどが上げられます。